ナイトアイボーテとアイプチの違いは接着力

一重を二重にするアイテムというと、知名度も高く広く知られているのがアイプチですよね。
アイプチとナイトアイボーテ、何が違うのでしょうか。

●二重を作るというところは同じです

ナイトアイボーテとアイプチの目的は「二重を作る」こと。
どちらも接着剤を付けてまぶたをくっつけて二重を作るというところはまったく同じです。

●違いは刺激にある

ナイトアイボーテとアイプチの目的は同じですが、違いはもちろんあります。

アイプチは基本的に日中の二重をキープするために使うもの。
日中はまばたきもするので、まばたきに耐えられるくらいの強力な接着力が必要になります。

接着力を強くするためには、それだけ強い接着成分を使わなければなりません。

接着成分はどうしても肌への刺激、肌への負担になるので、強力なアイプチほど負担が大きいということになってきます。

その点ナイトアイボーテは、夜寝ている時に使うもの。

眠っているときは目を閉じたままで、まばたきはしませんよね。
まばたきをしないから、まばたきの衝撃に耐える必要もなく、最低限の接着力でも二重をキープしたままの状態でいられるのです。

接着力が弱いから刺激も最小限に抑えられていて、肌への負担も少ないということなのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ