メスを入れるので危険?切開法について

二重にするためのプチ整形で有名なのが、埋没法のほかに「切開法」があります。メスを使う施術の切開法。具体的にはどのようなものなのでしょうか。埋没法は糸でまぶたを止めるだけの施術に対し、切開法はメスを使用します。そのため、料金は少し高額になり20万円~のクリニックが多いよう。まぶた全体を切開する方法と、まぶたの一部のみを切開する方法で値段は上下します。切開法のメリットはやはり二重のラインが取れる心配がありません。埋没法は糸で止めるだけなので、まぶたの脂肪が厚い方は糸が取れてしまう恐れも…。しかし切開法ではその心配はありません。そのため、まぶたが腫れぼったい方や、まぶたの脂肪が厚い方は切開法が向いている場合もあるのです。また、日本人の目の作りや脂肪の付き方は、奥二重になりがち。外国の方のような、ぱっちりした幅の広い二重も切開法なら作りやすいです。埋没法のように手軽に…というわけにはいきませんが、しっかり二重にしたい!ぱっちりした二重にしたい!という方には切開法はおすすめ。メスを実際に入れるので、腫れがしばらく気になると思います。施術後も通院や抜糸の必要があるので、スケジュールをしっかり立ててクリニックに通うことがおすすめです。

 

はじめての方に安心!埋没法

目をぱっちり見せるために、二重に憧れている女性は多いもの。アイプチで毎日二重にするのは面倒なので、プチ整形を考えている方も多いのではないでしょうか。目のプチ整形と一口に言っても、いろいろな種類があります。一番気軽に挑戦できる方法は「埋没法」ではないでしょうか。埋没法はメスを使わずに二重にする方法です。髪の毛より細い糸を用いて、二重のラインのまぶたの皮膚を止めるだけ。メスを使った手術より低価格で施術でき、まぶたの腫れも抑えることができます。短時間で施術は終了するので、日帰りでできるところもうれしいですね。もし二重のラインが気に入らないときは、もう一度糸をほどくとやりなおすことが可能です。アイプチのように気軽に二重にしたい方、価格を抑えて二重にしたい方におすすめ!クリニックにもよりますが、10万円以下で手術できるクリニックが多いです。また、柔らかい組織にもなじむ糸を使用しているクリニックでは、肌の弱い方や未成年の敏感な肌にも使用できる場合もありますよ。痛みが気になる方は、塗るタイプの部分麻酔や吸引するタイプの笑気ガスを使用してくれるクリニックもあるので安心です。はじめての二重整形を考えている方は、埋没法から試してみるのはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ